傷害保険には加入しておくべき?

自身の入っている保険全般を把握しておきましょう

傷害保険は、事故の際の過失割合にかかわりなく、保険加入者に補償を提供するものです。主に、人身傷害保険と搭乗者傷害保険に分かれます。人身傷害保険は保険加入者が(契約内容によっては家族も)、運転中や歩行中に事故にあって死傷した場合に支払われる保険です。搭乗者傷害保険は契約している車に乗車していた全員に対して、事故による死傷が発生した場合に、補償がおこなわれます。ここで、考えておきたいのは、自動車事故の際、保険金が支払われる可能性があるのは、自動車保険からだけではないということです。ご自身の保険を一度見直してみましょう。生命保険や医療保険からも、自動車事故への保険金が出る可能性は十分にあります。それを考慮したうえで、必要があるかまたは手厚い補償をと考えるのであれば、傷害保険への加入を検討しましょう。

傷害保険の特例と気を付けるべき点

傷害保険には無保険車傷害保険というものが存在します。事故の相手方の車が保険に加入していなかったり、事故の相手がわからなかったりした場合に補償が行われます。基本的には人身傷害保険でカバーされうる事例なのですが、保険会社の保険金算定額は裁判基準での算定額よりも低いことがあり、その場合には相手方に補償を要求することになります。ところが先のケースでは、請求のしようがありません。さらに安心な補償内容をと考えるのであれば、無保険車傷害保険の付帯も検討する必要があるでしょう。
最後に一つ、人身傷害保険について頭に留めておくべき点です。これは、複数台の車を所有している人向けの注意点ですが、人身傷害保険の重複についてです。人身傷害保険には契約内容によって、他の車に乗っている時の事故にも保険が適用されます。つまり、二台目以降の車には同じ人身傷害保険をつける必要はなくなるわけです。

© Copyright Car Insurance Options. All Rights Reserved.