実は大切!車両保険

車両保険の主な特徴とは

自動車保険の中でも車両保険は重要な役割を持ちます。自分の車が交通事故を起こした場合や駐車場でいたずらされた時などによって、修理が必要となったときに支払われる保険です。事故やいたずらなどだけではなく、大水などで修理が必要となったときにも使えるといいます。更に、大きな事故で修理が難しくて買い換えなければならなくなったとき、保険金でサポートしてもらえる可能性が高いでしょう。
対人賠償や対物賠償といった、自分の車以外の誰かや何かに対する保険ではなく、自分の車がさまざまな要因によって故障してしまったときのための保険です。事故が起こったとき、相手側が自動車保険に入っていない場合や、自損事故だったときのサポートとしても利用可能です。

車両保険は掛けておいたほうがいいのか

どれくらい手厚く車両保険を付けたらいいのか、気になる人は少なくありません。基本的にどれくらいの期間乗っているのかによって、手厚くするべきかどうかが決まるといいます。新車の場合にはなるべく手厚くかけるようにする人が多く、10年以上乗っている車の場合にはそれほど多くかけないという人が少なくありません。 実は車両保険でサポートされる保険金の最大金額は、車がはじめて登録された時の市場価格によって決まります。新車であればあるほど高値がつくため、手厚いサポートがほしいときには必須といえるでしょう。ただし、毎日通勤で使っている人の場合は、低い金額の保険金しか出ないような古い車であってもつけておいたほうがいいといわれています。

© Copyright Car Insurance Options. All Rights Reserved.